貸倉庫経営のメリットとは

シェアする

賃貸マンション経営に比べて、貸倉庫経営はあまりしられていませんが、ある一定数の需要がある不動産になります

最近では、物販のお客様が多くなっていますが、個人事業者である大工さん、設備屋さんなどの職人さんが自宅以外に事業の中心地にするために借りられています

又、高級外車など路面の駐車場には置きたくない方や、高級バイクなどの保管場所としてこれからますます需要が増えてくる可能性を秘めています

賃貸倉庫のメリットデメリットについてまとめてみました

貸倉庫経営は土地の有効活用におすすめ

駅から離れた土地の有効活用は非常に難しいところがあります。

一般的に賃貸マンションの場合駅から10分離れているとなかなかマンション経営は難しいです。

さらに最近では駅から5分以内限定で用地を探されている方が非常に多くなっております

貸倉庫はまだ競争が激しくない

土地の購入費用が上がれば利回りも大きく下がってきます

貸倉庫はさまざまな業種や個人のお客様など非常に一度ご契約していただくと

大きく事情が変わらなければ長期で借りていただいているお客様も非常に多いです

賃貸倉庫は運営経費が抑えられる

マンション経営をやっている方であれば必要経費が異常に多いことにびっくりされたことも多いのではありませんか

賃貸マンションの場合 共用部分の電気代、保守管理費用、建物の修繕費がかかりますが、貸倉庫経営の場合はほとんど入居者負担でおすすめです

貸倉庫専用サイトも増えている

インターネットが普及して入居者募集のサイトも現在非常に増えてきました

以前のようになかなか入居者がつかないということもなくなってきているようです

入居者は自分の用途に近いものであれば家賃をがんばってくれる傾向があります

地域で同じ物件が少ないのが原因だと思います

貸倉庫は用途変更も可能

貸倉庫という大きな空間はディスカウントストアやショールームへの変更で大きく生まれ変わった事例を沢山経験しました

地域の発展、衰退などで不動産の利用の利用も変わってきます。

それに対応する物件が貸倉庫です

建築コストを抑えられる

マンションに比べて高層階が必要ないために建築コストを抑えることができます

まとめ

これからますます不動産経営が難しい時代がやってきます

大きな原因が人口減少です

それでも新築マンションは建築されています

空家、空店舗、空事務所など日本全国にますます今後とも増えていくことが予想されます

その中で貸倉庫はまだまだ、進歩する可能性があると考えられます


シェアする

関連した記事を読む