土地の有効活用に貸倉庫がおすすめの5つの理由は

土地の有効活用に貸倉庫がおすすめの5つの理由は
シェアする

土地の有効活用で今まで一番効率がよかった賃貸マンション経営ですが、周辺環境の変化に伴い非常に難しくなる時代に向かっています

賃貸マンション経営に変わる、土地の有効活用で貸倉庫事業はおすすめです

貸倉庫事業のおすすめポイントをまとめてみました

土地の有効活用に貸倉庫がおすすめの5つの理由は

土地の有効活用に貸倉庫がおすすめの5つの理由は

①人口減少でこれからの賃貸マンション経営への不安

賃貸マンションにおける人口減少はマイナスの要素がはかりしれません

現在でも一部のエリアでは価格競争が厳しくなり、家賃収入を建築費への返済に回されているオーナー様には逆風そのものです

現在、外国人雇用において人口減少に歯止めがかかる可能性もありますが、まだまだどのようになるか方向性が決まっていないようです

貸倉庫事業は事業主を借りてとしていますので、人口減少のマイナス要素は賃貸マンション経営に比べると抑えられます

②築年数による賃貸収入の目減りが少ない

貸倉庫において、築年数を条件に物件探しをする方は少ないようです

  • 立地条件
  • 建物の大きさ

の2つの要素が大きいです

業種によっては地域指定されているものも多いです

例えば、自動車整備工場などは「規制・制度改革にかかる方針」で

自動車整備工場作業場の床面積の制限
住居専用地域 ×
第1種・第2種住居地域 50㎡以下は可
準住居地域 150㎡以下は可
商業系地域 300㎡以下は可
工業系地域

と地域によって用途制限がかかるために、地域に合う物件を供給することで空家リスクを抑えることができます

③建物がシンプルのために、維持管理を抑えることができる

貸倉庫の特徴としては商品や資材などの保管場所という側面がありますので設備らしいものがほとんどありません。

空間を貸すということになります

居住用ということであれば整備は絶対に必要です

また、住宅設備は基本的にはオーナー様、家主様の負担になりますので入居中の費用負担もばかになりません

そういった居住用ではかかる費用をおさえることで、不動産事業として安定させる側面があります

④まだまだ、ライバルは少ない

事業用不動産の賃貸住宅などはサラリーマンオーナー様もむかしより増えています

また、新築も現在も建築されている状態はますます、競争の激化を予想させます

駅前徒歩5分以内という条件であれば、賃貸事業としては魅力的ですが駅からはなれたエリアは競争は激しくなるでしょう

貸倉庫の場合は駅からの距離の影響はあまりありません

⑤解体費用が抑えられる

解体費用が抑えられる

建物の解体費用が抑えられることは魅力的です

RCの10階建などの解体費はかなり高額になります

貸倉庫の場合は鉄骨造が多く、2階建までのものが多いです

解体することで借主の要望に合わせられる、貸土地としての賃貸という方法もあります

まとめ

いかがでしたでしょうか

貸倉庫事業はあまり聞かれたこともないかもしれませんが、貸倉庫専業でやっておられる不動産会社も複数あります

もし、貸倉庫事業にご興味がありましたら相談・コンサルティングはもちろん無料ですのでお気軽にご相談下さい

 

ご相談はこちら

貸土地の運用

 


シェアする

関連した記事を読む