事業用不動産(貸倉庫)のデメリットとは

商業タイプの事業用不動産のデメリットとは
シェアする

事業用不動産といっても住宅タイプの事業用不動産から貸店舗・貸事務所テナント・貸倉庫・貸工場・トランクルーム・貸土地などの商業タイプの事業用不動産まであります

事業用不動産の現在の主流の住宅タイプの事業用不動産の場合は収益悪化が予想されます

住居タイプと商業タイプの事業用不動産はどのように違いがあるのかまとめてみました

商業タイプの事業用不動産のデメリットとは

商業タイプの事業用不動産のデメリットとは

地域とのミスマッチには注意が必要

住宅の場合は最寄り駅からの距離と築年数によって大きく収益と入居率が大きくかわります

商業系の場合は地域との適合性が大きく影響しますので、駅から遠くても築年数が古くても入居者はいい条件の物件があれば引越ししてくれます

例えば小売業が崩壊しているような地域では貸店舗という需要は非常に少なくなりますので、専門不動産会社の意見を聞きながら運用しなければ地域とのミスマッチが起こってしまいます

(貸倉庫の場合)

貸倉庫の場合は荷物の出し入れが車から直接できるということが、大きな魅力になります

そのため敷地への乗り入れができる土地もしくは倉庫が重要となり、例えば10トン車乗り入れ可になると大きなポイントになります

住宅タイプの事業用不動産と違い駅からの距離や築年数はあまり大きなポイントにはならないので、貸倉庫需要がある場所では魅力的な事業用不動産として運用することができます

(自動車整備工場の用途制限)

自動車整備工場の場合は地方公共団体が許可した場合の除き、用途地域ごとに面積の規制があります

自動車整備工場の作業場の床面積の制限 

  • 住居専用地域    不可
  • 第1種第2種住居地域 50㎡以下は可
  • 準住居地域     150㎡以下は可
  • 商業系地域      300㎡以下は可
  • 工業系地域     可

 

事業用不動産は市場の把握が重要

事業用不動産は市場の把握が重要

事業用不動産の場合は事業用専門の不動産会社と提携することで、市場の動向などを的確にオーナー様に伝えることができます

もともと、事業用不動産はパイが少ないため地域での物件供給率が非常に少ないため需要先行になっている状態のエリアが非常に多いです

住宅タイプの事業用不動産と収益性なども変わりますので、あんまり利益率が悪いと考えられる方も多いと思います

ただ、商業タイプの事業用不動産は住居タイプに比べ今後注目される可能性が高いことが予想されます

 

 

 

 

 


シェアする

関連した記事を読む