賃貸保証会社の費用一覧

賃貸保証会社の費用
シェアする

賃貸を借りる場合はほとんどの物件で家賃保証会社加入が条件になっている場合が多いです。

保証会社は万が一家賃が入らない場合の保証として家主さんや管理会社側から加入を求められます。

中には保証費用を家主負担の場合はありますが、基本的には入居者負担になります

賃貸保証会社の費用

賃貸保証会社の費用

費用一覧

保証会社によって保証料はさまざまです。

保証会社を入居者が自由に選べる場合は参考にして見て下さい

保証会社 費用
全保連 【毎年更新料がかかるプラン】

  • 保証料(毎年) 月額賃料の50%
  • 保証委託契約更新 月額賃料の10%(上限の更新料10,000円)

【初回のみプラン】

  • 一般保証委託料 月額賃料80%
  • 学生保証委託料 月額賃料50%

岸辺一徳さんのコマーシャルでおなじみの保証会社

日本セーフティー 【居住用物件の保証料】

  • 5万円未満    20,000円 (保証人なし30,000円)
  • 5~7万円未満  28,000円 (保証人なし48,000円)
  • 7~10万円未満  38,000円 (保証人なし68,000円)
  • 10~13万円未満  48,000円 (保証人なし88,000円)
  • 13~16万円未満  58,000円     (保証人なし108,000円)
  • 16万円以上   家賃合計の40%(保証人なし家賃合計の70%)

【学生プラン】

  • 初回保証委託料  10,000円
  • 保証委託更新料  10,000円

【店舗・事務所プラン】

初回保証料  賃料合計の50%(保証人なし賃料合計の100%

(最低保証料20,000円(保証人なしの場合40,000円)

更新料

  •  賃料合計20万円未満 20,000円
  •  賃料合計20万円以上 40,000円

日本セーフティーの場合は保証人ありプランの場合はお得に設定されています

保証会社とは

賃貸保証会社はどのような審査

保証会社によって審査方法は違いますが、今までの滞納履歴やお勤め会社さんへの電話での在籍確認、保証人さんへの確認などが一般的です

審査期間はできるだけ早く出すように努力されているようで、当日~3日以内が多いです

ただ、連絡がつかないと審査が進みませんので、電話がかかってくれば折かえしお電話をするようにします

保証人さんにも保証会社から電話がかかってくる可能性があるので、見覚えがない番号からかかってきても電話を取るようにお願いしておいた方がいいかもしれません

なお、保証会社やお勤め先に必ず電話がかかってくるわけではなく、案件ごとにランダムにかけられている場合もあります

審査に通らない場合は保証会社を変えることで審査がうまくいく場合もあるようです

保証会社によって、収入と家賃のバランスが違うためにそのようなことがあります

また、以前に家賃滞納した経験がある場合は保証人をつけることで審査を通ることもありました

審査が駄目な場合でも不動産会社に相談してみて下さい

賃貸保証会社 に入りたくない場合

基本的には家主や管理会社が入らなくてもいいと言えば入る必要がなくなります

物件ごとに家主や管理会社も違うのでそれぞれ相談してみて下さい

場合によっては賃貸保証会社不要でもいいよ

と言ってくれる場合もあります

保証会社と契約する注意点

保証会社は家主さんに家賃が入らない時に保証するという会社になります

よく、問題になることは更新費用です

初回のみの支払いの場合と毎年更新、2年更新など保証会社によって支払い方法が違います

長く住む場合などは初回のみの支払いを選択したほうが、費用は抑えられます


シェアする

関連した記事を読む