コインパーキング経営と月極駐車場殿どちらが儲かる!メリットとデメリット徹底比較

コインパーキング経営と月極駐車場殿どちらが儲かる!メリットとデメリット徹底比較
シェアする

コインパーキングを経営見てたら儲かりそうかなと思われる方も多いのではないでしょうか

 

月極駐車場でと比較してどれだけ儲かるのか

 

逆にどれだけ損する可能性があるのか

 

というのも計算しておかないとなかなか踏み出せない話ではあります

 

今回こちらでは費用の面であったり注意すべき気をまとめております

コイン コインパーキング経営

コインパーキング経営

初期費用について

コインパーキング経営において基本的には貸土地という形で運営会社に委託するコインパーキング経営が非常に多いです

 

がそういった場合、収入もほとんど月極駐車場と変わらない程度です

 

繁華街の一等地は特別価格を設定される場合もあります

 

コインパーキングを経営をやって行くとどれぐらいの費用がかかるのかをまとめてみました

 

歩道の切り下げ工事30万円~60万円

 

  • コンクリートの舗装8000円~1万円(1㎡単価)
  • アスファルト舗装4000円~5000円(1㎡単価)

 

ロック板1台あたり10万円

 

設置費用80万円

 

看板照明器具30万円~50万円

 

設備費精算機50万円~60万円

 

ライン引き20万円~30万円

 

50坪のコインパーキング経営の初期費用 10台 300万円~500万円
100坪のコインパーキング経営の初期費用 15台 400万円~600万円

 

住宅などの初期費用に比べると非常に低価格で始めることができるのも魅力です

 

売上

売上については予想することは非常に難しいです

 

立地関係と競合の問題も出てきます

10台の運営 1時間200円5時間利用 年収360万円
15台の運営 1時間200円5時間利用 年収540万円

 

コインパーキング経営のメリットとデメリット

コインパーキング経営のメリットは小さい土地でも利用する簡単にスタートすることができることやまた事業まで車で短期間で始められるということが非常に大きなメリットであります

 

また立地条件に限って言えば非常に収益も駐車場として貸すよりは3倍から10倍所得が増える可能性は秘めています

 

デメリットとしてはやり利用者を少ないと経営そのものが立ち行かなくなるケースがあるということです

 

立地基本的には立地がすべてと言わざるを得ません

経営を軌道に乗せるには

コインパーキング経営にはやりノウハウがあります

 

基本的な部分で言うと立地がすべてになります

 

例えば住宅地で周りにコインパーキングがないところであったり買い物施設のすぐ近くであったり人気の飲食店のそばのであったり公共施設が近くにあるということなどがあると非常に良いということです

 

また幹線道路から見えない立地になるとなかなか借り手がつかないということがよくあります

 

その他で言えば24時間の料金の設定夜間料金の設定近隣駐車場の価格競争に負けない価格設定などが重要になってきます

利回りとは

10台経営 年収360万円 年間管理費50万円 77.5%
15台経営 年収540万円 年間管理費70万円 92.5%

コインパーキング経営において基本的には土地を所有しているかまた土地をこれから借りるという場合によって利回りは大きくありますので今回は土地をあらかじめ所有しているという前提でのお話をさせていただこうと思います

 

利用価値の高い土地であれば、少数台の経営でも利回りは非常に高いのがコインパーキング経営です

 

貸土地で貸すことであれば、駐車場料金と変わりません

 

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

コインパーキング経営は非常に魅力ある事業であることがご理解いただけましたでしょうか

 

ご質問・ご相談などございましたらお気軽にどうぞ

 

出典:amazon

出典:amazon


シェアする

関連した記事を読む