コインパーキング経営において一番多い料金トラブルを避けるには

コインパーキング経営において一番多い料金トラブルを避けるには
シェアする

最近コインパーキングトラブルが非常に多くなっています

 

表示方法による勘違い・チケットの紛失など利用者によってもこれでトラブルになるのかと思うぐらいのこともよくあります

 

少しシステム変えるだけでそういったトラブルも少なくります

 

トラブルになることによって利用者様は消費者センターであったり弁護士に相談する可能性もあります

 

その際、経営側に求められることは判断力です

 

あらかじめ、トラブルに対して対応を決めることが大事になります

 

よくあるトラブルの例

 

24時間の勘違い

 

当日最大料金2000円と表示されていて入庫から24時間以上停めたお客様は通常の価格に戻ることを勘違いされて三日停めたら6000円と思われることがあります

 

そういった場合も分かりやすく表示を変えることによってクレームを受けることを避けることができます

 

運営会社によってはあらかじめそういったクレームを想定した形での表示をされているところもありますがクレーム処理を運営会社に任されていない場合は避けた方がいいです

 

駐車スペースの押し間違いに居るトラブル

 

よくあるケースでタッチミスなどで他人の車の駐車料金を精算されてしまう方がいらっしゃいます

 

そういった場合返金を求められるケースも多々ありますがそれに対応してしまうとどうしてもきりがございません

 

そういった場合はお手数ですが間違って支払われたの車に戻って来られるまでお待ち頂き生産額生産お支払いの清算をその方としてくださいとお伝えするのことで対応していただく必要があります

 

駐車券の紛失トラブル

 

駐車券を失ってしまうと基本的には最大料金で精算することを求められる場合があります

 

そういった場合に利用者としては非常にクレームになりやすいケースですこういった場合も入居した時間帯がはっきりわかるようなシステムを組んでおくことによってトラブルを最小限にすることも可能である

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

トラブルについてはまだまだありますが、運営する側にとってはノウハウをしっかりと持つことが重要です

 

運営会社にまかせるというのも手ですが、最近ではオーナーご自身で経営されておられるところもあります

 

最低限のことを抑えて運営することで、十分にやっていける事業だと思います


シェアする

関連した記事を読む