相続した空き家でコインパーキング経営を始めてみる

シェアする

せっかく親から相続した住宅の管理は非常に難しくまず貸家として貸すということができれば一番いいのですが借り手が難しい場合には建物維持管理をするのには膨大な費用がかかります

 

そのために税金などもこれから負担がかかってくる可能性があります

 

そういった場合に提案したいのがコインパーキングです

 

全ての立地環境がコインパーキングに適してるというわけではありませんが物件によっては収益化も狙えるかもしれません

 

コインパーキングをスタートさせるには

コインパーキング運営会社とタッグを組む

遠方で住んでいる場合でもコインパーキング運営会社が全て対応してもらえるので毎月の家賃を確認するだけです

 

コインパーキングを運営するに1番大きな費用は初期費用です

 

一般的には建物の解体費用は本人負担にはなりますが場合によってはコインパーキング運営会社でもってもらえる可能性もあります

 

費用をかけずに空き家を運用することができます

 

例えば機械の設置であったり看板の設置しさらに電気設備栃尾コンクリートもしくはアスファルト張る必要もあります

 

こういった費用は運営会社にもよっても変わってきますがアスファルト舗装の費用であったりとか機械の設置費用というのはコインパーキング会社が魅力的な土地だと感じた場合は事業計画を進めていきます

 

そういった場合にアスファルト舗装であったり解体費用の方の一部を見てもらうということも可能ですそう言った立地環境にある場合は建物を保存するよりはパーキングとして運営していた方が良い可能性もあります

 

コインパーキング事業のメリット

コインパーキング事業のメリットは将来にわたって変更使用用途が変更になる可能性がある場合に自由度が効くという運用方法です将来売却するにあたっても期間限定でコインパーキング運営会社に貸し付けることによって期間が満了すると解約もしくは延長を選ぶことができるという点であります

 

また空き家で置いておくと建物が劣化することによって周辺環境に及ぼす影響が出てきますが解体して更地の状態になるのでそういったリスクをなどは回避することができます

 

特に小さな土地の場合などで防火地域にある空き家などは建て替えするにあたっては非常に困難になるために売却するのが難しくなります

 

特に防火地域などにある場合は建物が密集している可能性が高いために人の流通が多いエリアになりますそういった場所はコインパーキング事業には非常に魅力的な土地になるために運営会社も予算を多く取る可能性はあります

コインパーキング事業のデメリット

建物を壊すと固定資産税・都市計画税が上がります

土地には固定資産税と都市計画税の二つの税金がかかっています建物をが立っている状態であれば基本的に軽減処置を受けることができます

 

固定資産税の1/6都市計画税の場合は1/3に税金がかかりますが建物がないと7/10固定資産税は7/10都市計画税は10も7/10評価の7割に対して税金がかかってしまいます

 

建物があるとないとでは3倍から4倍税金が上がる可能性があります

 

また200平方メートルを超えるような住宅の場合は軽減処置がもともと1/3固定資産税で1/3都市計画税で2/3と割高になっているために建物がなくなったとしても上昇率は200平方メートル以下の住宅地に比べて上がり幅は少ないです

 

住宅用地は200㎡以下と超える部分によって減免処置がかわります

 

小規模住宅用地の減免処置

200㎡以下の計算式

住宅がある場合

 

   固定資産税 = 固定資産税評価額 × 1/6 × 1.4%

都市計画税 = 固定資産税評価額 × 1/3 × 0.3%

 

取り壊した後の税金

 

固定資産税 = 固定資産税評価額 × 7/10 × 1.4%

 

都市計画税 = 固定資産税評価額 × 7/10 × 0.3%

一般住宅用地

200m²を超える部分の計算式

住宅がある場合

 

固定資産税 = 固定資産税評価額 × 1/3 × 1.4%

 

都市計画税 = 固定資産税評価額 × 2/3 × 0.3%

 

取り壊した後の税金

 

固定資産税 = 固定資産税評価額 × 7/10 × 1.4%

 

都市計画税 = 固定資産税評価額 × 7/10 × 0.3%

 

建物を壊すことによって維持するお金も別税金が余計にかかってしまいますので維持するには収益をあげるという事が負担なく持ち続けることができます

建物を壊すことでの税金の増加分を考えておかないと大変なことになります

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

 

すべての空家に当てはまる方法ではありませんが、今後も収益が見込まれるコインパーキング経営はリスクがないということがメリットになります

 

当社では空家相談を行っていますので、コインパーキング運営などもアドバイスさせていただいております

 

お気軽にご相談してください


シェアする

関連した記事を読む