コインパーキング運営会社との契約する注意点とは

コインパーキング運営会社との契約する注意点とは
シェアする

何も使っていない土地があれば有効活用したいと思うけれども必ずリスクがあります

 

わからないことはしないということでリスク回避はできますが、不動産価格の上昇に伴って固定資産税や都市計画税などの負担も非常に多くなっています

 

コインパーキング運営が非常に多くなっています

 

リスクが少ないということと、月ぎめ駐車場よりお得ということがあります

 

コインバーキング運営会社に土地を貸す時の注意点についてまとめてみました

 

コインパーキング事業は個人経営と運営会社?

運営会社はリスクと負担が少ない

コインパーキングは二通りの方法で運営されている場合が多いです

 

個人経営はリースもしくは買取で設備を購入して、警備会社と契約して運営されています

 

大きく儲かる可能性もある反面、初期費用に300万円~600万円

 

月々の運営費用などもかかるために、もし利用者が少なければ損する可能性があります

 

その点、運営会社に土地を定期契約で貸すことで初期費用も運営費用もかかりません

 

しかし、儲けは少なくなりますが、一般的に月ぎめ駐車場で貸すよりは利益が多くなることがおおいです

 

ただ運営会社も営利企業になりますのでどのように何も知らずに契約してしまうと、非常に損することがあります

 

リスク部分、プラス部分をじゅぶんに把握して契約する必要があります

 

どういうことに注意すればいいのでしょうか?

注意しなければいけないこと①

コインパーキング会社に運営会社に土地を貸す場合なんですが設備や投資費用というものは一切負担しない場合が多いです

 

もし費用負担を言われるのであれば基本的にそのコインパーキング運営会社と契約しない方がいいです。

 

コインパーキング運営会社は数十社ありますので一番良い条件を提示してくれる会社と契約するのが一番いいです

 

注意しなければいけないこと②

経営権・借地権には注意

 

土地の権利は複雑です

 

経営権などを権利としていうような運営会社もありますので、契約時に注意が必要です

 

2年~3年以上の定期賃貸契約を求められることがありますが、それ以降は1か月前に言えば解約することができます

 

解約dけいない場合の契約書は辞めておきましょう

 

土地の場合は定期契約にしときましょう

 

契約内容はいろいろあります

 

地主に有利な契約

 

運営会社に有利な契約

 

十分に交渉はしましょう

 

コインパーキング運営会社に土地を貸すメリットとは

月極駐車場より賃料が多い

月極駐車場に比べて1台あたりの賃料は基本的には多く設定されます

 

また場所によってはさらに高めに設定される場合もありますので見積もりを取ってから月極駐車場かコインパーキングどちらにするのかを決めたほうがいいです

 

人気の飲食店が近くにある

公共の施設が近くにある

近くにコインパーキングがない

駅近い

病院の近く

 

このような場所の場合は月極駐車場より多く家賃収入をとることができます

 

交渉でアスファルト費用も運営会社負担の場合もあり

 

アスファルトやコンクリートにする費用は地主様負担になります

 

ただ、最近、運営会社によってアスファルト費用をもちますという運営会社もでてきています

 

条件は交渉しましょう

 

空き負担がない

 

月極駐車場の場合、人気の駐車場以外は一旦退去があると1か月~3か月ぐらい賃料が入らないこともあります

 

コインパーキング運営会社に貸す場合はすべてを借り上げという形になりますので、虫食いで収入が減るということはありません

 

空きリスクというのが一切ないということがメリットになります

 

将来の土地運営計画に有効

 

将来自宅を作りたいとか将来賃貸マンションの運営をしたいとかそういった土地の利用を将来検討されている場合駐車場にしておくことが一番に転用しやすいという形になります

 

月極駐車場の場合とコインパーキング運営の場合を比べると運営会社に借り上げてもらう場合の収入は月極駐車場より多めに取れる可能性があるので収入的にもいい場合が多いです

 

わずかな広さからも可能です

基本的には2台以上という運営会社が非常に多いですが場所によっては車以外にもオートバイや原付自転車また自転車のコインパーキングという運営方法もあります

 

そういった場合は車ほど大きなスペースを必要とせず高収入を得られる可能性はあります

 

賃貸に出すと返ってこない

コインパーキング運営会社と契約する場合定期借家契約という形で期間限定というケースが非常に多いですまた特段の事情がない限りは借り続けてくれるケースも非常に多いので安心して勝つことが出来ます

 

また店舗や事業所のような形で営業権や借地権という権利を主張することがまずありませんが逆にそういったことが契約前に確認しておかなければならないケースです

 

利用と老朽化したビルであったり古いへ倉庫など利用していないものを有効活用

 

コインパーキングのスペースは車2代もしくは3代以上のスペースがあればスタートすることができます

 

そういった運営費用関係は全て運営会社が守ってくれます

 

毎月の家賃収入を確認するだけという形なので非常に便利が良く税金の足しにもなるので非常に 有効活用するには非常にコインパーキング事業は魅力的な最低方法になります

 

最近のマンション賃貸マンションでの空き駐車場スペースの有効活用

 

最近賃貸マンションでも駐車場スペースに空きスペースが非常に多くなってきています

 

空きスペースをコインパーキング事業としてスタートさせることによってより有効的に家賃収入を取得することができます

 

分譲マンションなどにおいても最近は全世帯に駐車場を作らないことが非常に多く今後駐車場の空きスペースが問題化することは可能性は高くなってきています

 

現在景気が悪いのでビルやマンション建設をストップしている場合

不動産事業において時期をずらすということはよくあることです

 

そういった場合でも通常に駐車場と化すのではなくコインパーキング事業としてコインパーキング運営会社一緒に貸すことによって一社との契約になりますので契約関係が非常に簡易的になります事務作業であったり管理という面においては非常に楽な運営がすることができます

 

住宅一般住宅の駐車場

 

以前は娘や息子が利用していた駐車場が家を出ることによって駐車やす使うことが少なくなってきたと言った場合などにおいてもコインパーキングとして利用することは可能です

 

特に都心部においては今後固定資産税都市計画税対策に有効的になってきます

 

まとめ

コインパーキング運営をするにあたって会社にやはり押さえておかなければならないことも多々あります

 

何も考えずにコインパーキングを運営会社と契約してしまうと不利な契約を押し付けられる可能性もあります

 

十分に不利益になることであったりとまた意味のない費用負担を求められるケースもありますので十分に注意する必要があります


シェアする

関連した記事を読む